清塚信也 ディズニー公式ピアノ・アルバム「BE BRAVE」
清塚信也 ディズニー公式ピアノ・アルバム「BE BRAVE」

ABOUT

清塚信也 ディズニー公式
ピアノ・アルバム
「BE BRAVE」

クラシック・ピアニストにとどまらず、作編曲家、俳優、メディアでの多彩な活躍により「ワン・アンド・オンリー」な存在の清塚信也。

待望の新作はディズニーの名曲の数々を「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲し、清塚ならではの旋律とアレンジで聴衆に優しく寄り添い安らぎと勇気を与えるアルバムが完成。

自身初の限定盤、通常盤、2形態でのリリース。限定盤に付属のDVDにはミュージックビデオを収録。

ジャケットは今作の為に描き下ろされたイラストを採用。

  • [限定盤]
    UWCD-9025 ¥4,000(税込)

  • [通常盤]
    UWCD-1101 ¥3,000(税込)

2021年4月28日(水)発売

収録曲

[CD]

01. 美女と野獣 [美女と野獣]
アカデミー賞に輝いた『美女と野獣』の主題歌で、言わずと知れた名曲中の名曲。作曲は日本でも絶大な人気を誇るディズニーレジェンド、アラン・メンケン。恋に落ちたベルとビーストが、この曲にのせてダンスをするシーンは、あまりにも有名。シンプルの極みともいえる原曲に、きらめくような繊細なアレンジが施されているのが聴きどころ。
02. コンパス・オブ・ユア・ハート [東京ディズニーシー®]
東京ディズニーシーのアトラクション「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」のために、アラン・メンケンが書き下ろしたオリジナル曲。冒険心をかき立てる壮大で力強い曲調が、聴く人に勇気を与えてくれる。数あるメンケン楽曲のなかでも特に人気の高いナンバーを、大胆なアレンジとダイナミックな演奏で楽しんで。
03. ホール・ニュー・ワールド [アラジン]
こちらもアラン・メンケンの作曲で、アカデミー賞をはじめ数多くの賞に輝いた不動の人気曲。アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って大空を駆けめぐる——そんなシーンが、曲を聴いただけで思い浮かぶ。原曲よりテンポを落とし、メロディのすばらしさとピアノの美しい響きを際立たせたアレンジが、至福の安らぎを与えてくれる。
04. きみもとべるよ![ピーター・パン]
必要なのは、信じる気持ちとピクシーダスト(妖精の粉)。あとは何か“ステキなこと”を考えれば、体がフワリと浮きあがって……。ピーター・パンとダーリング家の子どもたちが、ネバーランド目指して空を飛ぶファンタジックなシーンを彩るのが、この曲。イマジネーションに富んだアレンジで、私たちの心も一緒にネバーランドへ。
05. リメンバー・ミー [リメンバー・ミー]
心にしみるこの曲は、音楽が起こす奇跡を描いた映画『リメンバー・ミー』の主題歌。主人公ミゲルがこの曲を歌うシーンに、涙を誘われた人も多いはず。曲を書いたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスは、仲むつまじい夫婦のソングライターチーム。世代を超えて人々をつなぎ、言葉よりも豊かに想いを伝える——そんな“音楽の力”を感じさせてくれる1曲。
06. ゴー・ザ・ディスタンス [ヘラクレス]
映画『ヘラクレス』の主題歌。自分らしく生きられる場所を探し求めて、夢と希望、強い決意を胸に旅立つヘラクレスの心情が込められた感動的なナンバー。アラン・メンケンの作曲で、アカデミー賞にノミネートされた。今作では、7分超の壮大でドラマティックなナンバーにアレンジされており、聴きごたえたっぷり! 圧巻の演奏に酔いしれて。
07. 君はともだち [トイ・ストーリー]
1995年の公開当時、最先端のCG映像で世界を驚かせた『トイ・ストーリー』だけれど、いまも愛され続けているのは、人間味あふれるストーリーと音楽があってこそ。その音楽を手がけたのは、シンガーソングライターとしても知られるランディ・ニューマン。アカデミー賞にもノミネートされた主題歌「君はともだち」を、レイドバックした味わい深いアレンジで。
08. 星に願いを [ピノキオ]
ディズニーの初期の名作『ピノキオ』の主題歌で、世界中で愛されている永遠のスタンダードナンバー。リー・ハーラインの作曲で、ディズニーソングとして初めてアカデミー賞に輝いた。冒頭から1オクターブ上がるメロディを聞いていると、私たちの心も舞い上がるような感覚に。技巧を凝らした美しいアレンジが、夢の世界へと連れて行ってくれる。
▼ボーナストラック(2曲) feat.高井羅人
09. 彼こそが海賊 [パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち]
ジョニー・デップ主演で大ヒットを記録した映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ。その5作品すべてのエンドクレジットに使われているのが、「彼こそが海賊」。ハンス・ジマー/クラウス・バデルト/ジェフ・ザネリの共作で、『パイレーツ』といえばこれ!という1曲だ。もちろん、ピアノでアレンジしてもかっこいい!
10. 君がいないと [モンスターズ・インク]
コミカルな雰囲気が魅力のこの曲は、『モンスターズ・インク』の主題歌。映画のエンドクレジットで、モンスター界の“最恐”コンビ、サリーとマイクが息ぴったりのデュエットを披露してくれる。ランディ・ニューマンは16回目のノミネートとなったこの曲で、ついに初のアカデミー賞を受賞。聴けば笑顔になれること間違いなし!

[DVD] *限定盤に付属

  • ・美女と野獣 [美女と野獣]
  • ・コンパス・オブ・ユア・ハート [東京ディズニーシー®]

解説:浮田久子

MOVIE

アルバム全曲試聴

美女と野獣 (Official Video)

STORE

ストア別購入者特典

※商品、特典のデザインはイメージです。変更になる場合がございます。
※特典は数に限りがあり、無くなり次第終了となります。
※特典につきまして一部対象外の店舗もございます。購入前に店舗にてお尋ねください。
※公演会場などでのCD販売と購入特典は現在未定です。

PROFILE

清塚信也

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

人気ドラマ「のだめカンタービレ」他作品で吹き替え演奏を担当後、2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビュー。2015年TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)では、ピアノテーマおよび監修を手掛ける。2019年8月16日には邦人男性クラシック・ピアニストとしては史上初となる日本武道館での単独公演を開催。近年では、TVバラエティ番組やラジオ番組へ出演するなど、マルチピアニストとして活躍。