ヨルシカ

ヨルシカ

4月10日にリリースした1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』の続編となる2ndフルアルバム『エルマ』のリリースが8月28日に決定。
アルバム『エルマ』は前作『だから僕は音楽を辞めた』の続編となる作品としてコンポーザーであるn-bunaが物語を書き下ろしたコンセプトアルバムとなっており、前作の主人公の青年から送られてきた手紙に影響を受けたエルマが手掛けた楽曲14曲を収録。
初回限定盤【エルマが書いた日記帳仕様】には、青年が訪れた土地をエルマが辿って撮影した写真やその旅で綴った日記帳を再現しており、前作に続き青年とエルマの物語を体験できる仕様となっています。

  •    初回限定盤(“エルマが書いた日記帳仕様”)

    開く

    【CD、写真、日記帳 封入】
    品番:UPCH-7511
    価格:¥4,500(+tax)

    「エルマが書いた日記帳」仕様は、CDに 写真と日記帳 が付属されており、前作「だから僕は音楽を辞めた」の続編として、その世界観と物語をより体験できる内容となっております。

    ※写真はイメージです。実際の商品と異なる場合がございます。予めご了承下さい。

  • 通常盤

    【CD】
    品番:UPCH-2191
    価格:¥3,000(+tax)

収録内容

開く

  1. 車窓
  2. 憂一乗
  3. 夕凪、某、花惑い
  4. 雨とカプチーノ
  5. 湖の街
  6. 神様のダンス
  7. 雨晴るる
  8. 歩く
  9. 心に穴が空いた
  10. 森の教会
  11. エイミー
  12. 海底、月明かり
  13. ノーチラス

エルマ

購入者先着特典

開く

購入者先着特典

※オルゴールCD、ステッカーはそれぞれデザインは異なります

Release

Digital Single

雨とカプチーノ

2019.8.2 Release

iTunes / LINE MUSIC他一斉配信スタート!

※ジャケットはアルバム『エルマ』と共通になります

雨とカプチーノ

試聴・購入はこちら

Digital Single

帝京平成大学TV-CMソング

心に穴が空いた

2019.6.24 Release

iTunes / LINE MUSIC他一斉配信スタート!

心に穴が空いた

試聴・購入はこちら

Movie

ヨルシカ - エルマ (Album Trailer)ヨルシカ - エルマ (Album Trailer)

【ヨルシカ】だから僕は音楽を辞めたヨルシカ - 雨とカプチーノ(Official Video)

【ヨルシカ】だから僕は音楽を辞めたヨルシカ - 心に穴が空いた (Music Video)

Writer's
 comment

YouTubeやニコニコ動画をはじめインターネット上のコンテンツ出身のアーティストたちがリスナーの裾野を広げ、音楽シーンの前線へと躍り出るようになったここ数年。中でも最右翼といえるのがヨルシカだ。

VOCALOIDクリエイターとしても活動し、現在は他アーティストへの楽曲提供などもこなすコンポーザー・n-buna(ナブナ)と、もともとは彼の楽曲のファンであったというシンガーのsuis(スイ)からなるバンド・ヨルシカ。その勢いは数字の面でも明らかで、2019年6月現在、1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』収録の「言って。」が、2ndミニアルバム『負け犬にアンコールはいらない』からは「ただ君に晴れ」が、それぞれYoutubeで3000万超の再生数を獲得。今年の5月にリリースされたばかりのフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』でも既に「藍二乗」「だから僕は音楽を辞めた」の2曲が1000万再生を突破している。顔出しはおろかアバターの類すらなくロゴのみをアーティスト・ビジュアルとしており、TVなどのメディア露出もないにもかかわらず、である。

read more

開く

つまり、ヨルシカの音楽が支持を得ている理由は、楽曲の良さ、ほぼその一点に尽きるということになる。サウンドとしては外連味のないギターロックが軸だが、音色やバランス面を細部まで突き詰めることで、透明感や奥行き、耳触りの良さを高水準で実現させたもの。そういった、変拍子や超高速BPMなどを用いて真新しさを感じさせる手法も少なくないネット発の音楽においては却って珍しいともいえるサウンド感の所以は、ブルースからエレクトロニカまで新旧洋邦ジャンルも問わずに様々な音楽を好むいわば音楽オタクであるn-bunaが、ヨルシカとして表現したい音とビジョンを明確に定め、そのために必要な手法を豊富な引き出しから適宜セレクトしているから。さらに彼のメロディと言葉が持つ力を、suisが巧みに感情を差し引きしながら歌うことで増幅させている。

極めてコンセプチュアルな作品性についても触れておきたい。ザ・フーしかりデヴィッド・ボウイしかり、一本のコンセプトに基づいたアルバム自体は珍しくないが、ヨルシカの場合はこれまで全ての作品が、物語のサウンドトラックのように、あるいはその物語の一部として存在する。最新作の『だから僕は音楽を辞めた』も、アルバムそのものが、音楽を辞めた青年が旅をしながらその内面を書き綴りエルマという人物に宛てた“手紙”だった。ただし具体的なストーリーは明示されないため、登場人物の心象が綴られた楽曲群から聴き手が各自ストーリーを想像したり脳内で補完することになる。そこには“意図的な”共感狙いやメッセージ性の類はほとんどないが、個々の記憶のどこかしらと符合するようなリアリティが、所々に忍ばせてあったりする。

移籍後1作目として配信される新曲「心に穴が空いた」でもその手法は健在だ。ピアノをフィーチャーした爽やかながらも憂いを帯びたこの曲と、すでに制作中だという前作からの続編アルバム『エルマ』との関連を、現段階で断定することは難しいものの、何らかの物語の一部として書かれたものであることは間違いない。
次なるアルバムの一部なのか、前作からの橋渡し的ポジションなのか、あるいはまったく別軸のものなのか?n-bunaがインタビュー等で常々「自分が作りたい音楽を作るだけ」「楽曲の良し悪しのみで判断してほしい」「それぞれの解釈で自由に楽しんでほしい」という趣旨の発言をしている通り、そうやって想像を巡らせるたびに浮かび上がってくるヨルシカの魅力。それはそれは深淵な沼である。

文=風間大洋

close

閉じる

Campaign

■応募期間
7月24日(水)12:00~7月31日(水)23:59まで
応募期間は終了いたしました。プレゼントの到着までしばらくお待ちください。